スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

批評

評価を公の場に書かれるということが今までなかったのでうかれています。
先日杉並公会堂で行われた 會田瑞樹×溝淵加奈枝 デュオリサイタルの評論を齋藤 俊夫さんがぶろぐの「もぐらだってそらをとぶ」で書いてくださったのでリンクを張っておきます。

http://d.hatena.ne.jp/MOGURAmaru/20130416

儀式的でありすぎた、という点では確かに反省する部分も多いですが、振り返ってみると、あれ映像にすることがありきの作品だったので、ああせざるを得なかったというかですね。いい訳ですね。すみません。
舞台上で、しかもそれほど大きな動きではないということを考えても、音響効果が多く得られたとはいえないですし、確かに歩く事に意味があったかといわれればないです。
個人的な様式というものもまったくもってなかったです。
スポンサーサイト

ニコニコ コミュニティ

前からやろうやろうと言っていた生放送するためにコミュニティー作りました。
まだなにもやってません。
そのうち生放送しますん。

【ニコニコミュニティ】ボーズとキンパの徒然現代珍道中(仮)

今日

本日となりました、會田瑞樹×溝淵加奈枝 デュオリサイタルですが、先日合わせを見学させていただきました。

スクリーンショット

上の写真は合わせのときの写真です。
今回はノーテーションが曖昧で演奏者の二人には申し訳ないです。
随分昔の作品なので、今とは作風が随分違いますし、また曲自体も改訂したので随分違います。

16日

以前も宣伝しましたが、もう一度宣伝します。

04月16日 19:00開演
杉並公会堂 小ホール 全席自由 一律500円
會田瑞樹×溝淵加奈枝 デュオリサイタル

スクリーンショット

以前、動画用に作った曲を改訂初演させていただきます。
作品を作ったときに、おそらく色々厨二病を発動させていたらしく、その名も「四苦」なのですが、現在仏教を学んでいることを考えると、これも縁だったのかと思います。
下は冒頭の楽譜です。

スクリーンショット
プロフィール

ルイ(見澤ゆかり)

Author:ルイ(見澤ゆかり)
ルイだったり+ドライバーだったり見澤ゆかりだったりするさすらいのダイエッター。現代芸術と漫画とバルサがあればそれでいいとか思ってる。料理と珈琲がすき。 Skype:luis.tukikage スカイプ活用できてないので話しかけてくれたら喜びます。

カテゴリ
最新記事
Twitter
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。